空間デザイン
ホーム お店の紹介 ショッピング 空間デザイン ブログ 求人情報Mailでのお問い合せ営業品目Before After ブログメディア情報 インテリア会社 クリエーションイマジン|CREATION  IMAGINE電話でのお問い合わお電話でのお問い合せ 023-664-0731せは 023-665-9350

〒990-0043
山形市本町一丁目3−14 1F

空間デザイン-住宅

「生きて行く為の生活をする場 である 『家』 を、心理面から考えるデザイン。」

 

新築・リフォーム・リノベーション/戸建て・マンション を問わず、設計の際、一番慎重に考えたいのは、
『家』 が家族の心理面に作用する事。
『家』 は、生きて行く為の生活を営む場。 心を調整し、充足を得る所。
ならば、本当に欲しい、必要な 『家』 は、どんな暮らし方が出来る 『家』 なのか。
・・・アイランド型のキッチンには、周りに人が集まり易いから、休日には共同作業でお料理する事も。
(家族は共同生活者という認識。家の中心に自然と集まり易い場があると、日々のコミュニケ-ションが取り易い。)
・・・二世帯での 『家』 。生活スペースは別々に。好きな時に好きな物を食べて、好きな時にお風呂に入る。
(基本的な生活行為をそれぞれが自活する事で、身体と共に心も健全を保つ。自立と自由。)
・・・子供部屋を個室にするのは、なるべく後で。PCコーナーで宿題の調べ物を。
(子供同士、親子の関わり、なるべく長い時間を関わり合って暮らして行く。)
機能・性能の向上した設備を用いれば、誰もが便利さ・快適・安全は得られます。
暮らす人への心理面への作用・家族の状況の変化、と、インテリア・家の使い方も、時々見直しが必要になります。

家の外観に個性があるように、その中身ももっと自由で、らしく あった方が、家は たのしい。
唐突ですが、みなさんのファッションの趣味は一辺倒でしょうか?
わたしはモード系・トラッド系・それと遊牧民系?着心地が良く、シンプルだけど、変わったデザイン!に惹かれます。
素材が安っぽいもの、フェイク品は×です。 で、手の届く価格で。
普段着は、長年愛用する事もしばしば。
その様な個人的なファッションの趣味は、個人的なインテリアの志向に通じる所があります。
インテリアの志向も、一辺倒ではありません。MIXがここちよく、気に入った物を 直して尚、使い続ける所など。
ファッションよりも更に らしさ を楽しみ、そこに身を置く 心地よさ・安心感・高揚感さえも感じさせてくれるインテリア。 インテリアはプライベート空間。

自由に、らしく、たのしく!

空間デザイン-店舗

「店舗の新規開店・リニューアル・部分的な改装、
何れも目指すところは集客の為のデザイン。」

 

新規開店・リニューアルでは、お客様の思い・ご希望と併せて「商売繁盛を目指す店舗のデザイン」を練り出す為、デザインコンセプトやデザインの方向性を導き出す為の、リサーチを行います。

お客様のご商売の業種の動向や傾向・同業他社・来店される方の立場に立ったニーズ、を探ります。
店舗を開店する為のデザイン設計は、全て行っています。 店舗 内部/外部・敷地内・サイン・ロゴ・用品コーディネート。
店舗デザインをトータルに手掛ける事で、「繁盛店」へのベクトルを合わせて行きます。
お客様には時間と費用、手間の軽減となります。

部分的な改装。これが意外に思われるかもしれませんが、慎重な判断が必要と 常々思います。

・・・外壁を塗り替えるだけ。クロスを貼り替えるだけ。床を貼り替えるだけ。パーテーションを付けるだけ。・・・看板を掛け替えるだけ。イス・テーブルを変えるだけ・・・。

 

その少しの変化と思われる事も、どんな物を?どんな色で?どの様に?バランスは?等々、デザイナーが考える事で、 お店の印象を劇的に変える事が出来たり、来店される方からのイメージを良くする事で、集客のチャンスと成ります。
「物は使いよう。」それも常々思います。

経験と、アイディアと、商売を意識した、デザインのプロにお任せ下さい。
「キレイになって、清潔感があれば。今までとは違う感じになれば。」 では、もったいないのです。

空間デザイン-庭

「庭(外構)は、家・建物の器となり、それらを引き立たせるデザイン。」

 

戸建て住宅の庭では、多様化した住宅それぞれの個性・立地・周辺環境・家族構成やご要望を確認します。
・・・少しでよいが、畑が欲しい。ウッドデッキやパーゴラのある庭でのんびりしたい。ハーブを育てたい・・・。
子供が遊べるスペースが欲しい。雪の始末が楽な駐車スペースを素敵に。・・・
庭(外構)により、建物が引き立つデザイン、資材や植栽もイメージを合わせて、『家』 は完成します。
住宅では特に、デザインの中にシンボルツリーをご提案しています。 家族の一員のように、家族を見守るような、そんな存在の木があると、外観に安らぎが感じられます。

庭に使用する資材は、出来る限り自然素材を使用すること、としています。
コンクリートを成形して、色付けされた製品は、数年後にコンクリートの顔になります。
石材は天然の石を。レンガはレンガ風ではなく、寒冷地でも使用可能なレンガを。
枕木・木材は、人に安心な処理が施された、耐久性の良いものを。
メンテナンス性や、耐久性を重視した方が良い物もあります。カーポートやフェンスなど。
それらは、建物・目的に合った、色・デザインの物をご提案します。

社屋や店舗 等の場合は基本は同じですが、資材・植栽はメンテナンス性の良い物という観点からお薦めします。

▲ページトップへもどる